ペンギンブックカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 落とした三毛猫

<<   作成日時 : 2014/11/28 15:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日は誕生日だったんだ(静かに独り言)。

 「今日は寒いねぇ」「今日はちょっと暖かい」。一日ごとにあっちこっちと入り乱れる「今日の天気」のお話。秋なのか晩秋なのか初冬なのか真冬なのか、今頃の本当の通常の平均温度ってものは何度なのかなぁ。
 「若く見えるよね」「年相応の身体の動きかなぁ」「そんな古臭い言葉を使って年寄りみたい」。いったい私はいくつになったのやら。褒められているのか頼りないと言われているのかバカにされているのか、なんだかなぁ。

『あしたのジョー、の時代』練馬区立美術館編(求龍堂)読了
  * * * * * * * * * * * * * *
――「あしたのジョー」が『週刊少年マガジン』に連載された1967年暮れから1973年までの約5年半に焦点をあて、ジョーとその時代について紹介する。2014年7〜9月開催の「あしたのジョー、の時代展」の公式図録。
  * * * * * * * * * * * * * *
 『巨人の星』より『あしたのジョー』で育ったおいらです。「あしたのために」とつぶやきながら生きてきたんだぞ。
 展覧会の図録という体裁のためか、今ひとつ突っ込みが足りない感はあるものの、ファンにとってはたまらない一冊だと思います。(左ジャブの89点)

『縁もたけなわ−ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たち−』松田哲夫(小学館)読了
  * * * * * * * * * * * * * *
――絵本作家・安野光雅、哲学者・鶴見俊輔、作家・西加奈子…。松田哲夫が、その編集者人生の中で出会った人々について綴る。
  * * * * * * * * * * * * * *
 著者の“松田哲夫”さんに筑摩書房内で会ったことがあるんだ、というそれだけのことでファンなのです。
 もう少し一人ひとりのエピソードをじっくりと描いて欲しかったとは思うものの、本に関わっている人っていうのは変わった人が多いんだねぇと再認識させられたのでした。(こういうのまだまだ読んでみたいぞ。83点)

『グレン・グールド−未来のピアニスト−』青柳いづみこ(ちくま文庫)再読
  * * * * * * * * * * * * * *
――20世紀をかけぬけたピアニスト、グレン・グールド。彼の遺したさまざまな謎をピアニストならではの視点でたどり、ライヴ演奏の未知の美しさをも手がかりに、つねに新鮮なその魅惑と可能性を浮き彫りにする。
  * * * * * * * * * * * * * *
 単行本でも読んだと思うのですが、唐突にグレン・グールド熱が出てきまして、CDを聴いたり関連本を読んだりしています。
 “青柳いづみこ”さんはやっぱり文章がうまい。そしてピアニストからの目線でピアニストを語るという難しさ(多分)を、私みたいな何もわからない素人にも、なんとなくわかるくらいには読ませる技はすごい。(何を言いたいのだ私は。85点)

『鈴木成一デザイン室』鈴木成一(イースト・プレス)読了
  * * * * * * * * * * * * * *
――人気ブックデザイナー・鈴木成一が、初期に手掛けたものから最近のものまで約150冊をランダムに振り返りながら、制作の舞台裏やデザインについて思うことなどを綴る。
  * * * * * * * * * * * * * *
 この著者の装丁本は結構読んでますねぇ。なんとなく手に取ってしまうデザインっていうのは、もしかして凄いことなのかも。もう少しデザインをする上での裏話があってもよかったかなぁ。でもやっぱり作品そのもので多くのことを語っているっていうことなのかな。(一家に一冊本ではあるな。82点)

 本日はノンフィクション本でまとめてみました(一冊は違うか)。明日も頑張る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遅ればせながら、えっと、呼ばれたような気が……お久しぶりですみけねこですこんばんは。
ブログ更新されてなくてもわっしわっし読んでらっしゃるんだろうなあ、と思ったらやっぱり。
あまりご無理なさらずに。
来月からまた小路さんの新刊ラッシュが始まりますよね♪
楽しみに生きていきましょう!
みけねこ
2014/11/30 21:27
 みけねこさん、どうもです。無意識に呼んじゃったかなぁ。みけねこさんのブログは毎日楽しみに読ませてもらってます。私も頑張らねば。
 このところ新刊についていけてないのですよ。もう小路さん一筋で行こうかなと考えています。今後ともよろしくです。
ペンギン店長
2014/12/01 07:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
落とした三毛猫 ペンギンブックカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる